世界遺産 今帰仁(なきじん)城跡

今帰仁城跡

今帰仁(なきじん)は、琉球王国統一前の時代、沖縄の北部を支配していた山北王(北山王)の拠点です。
山北王は、1416年に中山の尚巴志(しょうはし)によって滅ぼされました。
その後、1609年の薩摩藩による琉球侵攻まで、今帰仁は中山の監守の居城として利用されていました。
琉球侵攻の戦火で城は焼失しましたが、現在でも、広大な敷地に美しい曲線を描く雄雄しい城壁をみることができます。
今帰仁城跡は、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡、首里城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園、斎場御嶽と共に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として2000年に世界遺産リストに登録されました。

チャンプルー荘からのアクセス

レンタカーのご利用をオススメいたします。