世界遺産 斎場御嶽(せーふぁうたき)

斎場御嶽

斎場御嶽(せーふぁうたき)は、琉球王国の創世神であるアマミキヨが国始めにつくったとも言われる、琉球王国最高の聖地です。
聖地としての静寂さを確保し自然保護を考慮するため、年2回の休息日が設けられていますので、訪問する際は必ず事前にご確認ください。
斎場御嶽は、座喜味城跡、勝連城跡、今帰仁城跡、首里城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園、中城城跡と共に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として2000年に世界遺産リストに登録されました。

チャンプルー荘からのアクセス

バスもありますが、レンタカーのご利用をオススメいたします。