世界遺産 勝連(かつれん)城跡

勝連城跡

阿麻和利の居城である勝連(かつれん)城。
阿麻和利は琉球の麒麟児と呼ばれた英傑で、これを危険とみなした首里の尚氏の配下の軍勢によって攻め滅ぼされたとされています。
勝連城跡は、座喜味城跡、中城城跡、今帰仁城跡、首里城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園、斎場御嶽と共に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として2000年に世界遺産リストに登録されました。

チャンプルー荘からのアクセス

レンタカーのご利用をオススメいたします。