世界遺産 座喜味(ざきみ)城跡

座喜味城跡

座喜味(ざきみ)城は、15世紀の琉球王国の按司護佐丸が一代で完成させた、端正な石積みが美しい城です。
標高120mの丘陵に立地しているため、眺めは最高です。
城壁からは残波岬が見え、晴れた日には遠く慶良間諸島も眺めることができます。
座喜味城跡は、首里城、勝連城跡、中城城跡、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園、斎場御嶽、今帰仁城跡と共に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として2000年に世界遺産リストに登録されました。

チャンプルー荘からのアクセス

レンタカーのご利用をオススメいたします。